FX ハードカレンシーとローカルカレンシーとは




ハードカレンシーとは??

信用があり、他国と容易に交換可能な通貨のことをハードカレンシーといいます。
日本語では国際決済通貨です。

ハードカレンシーをどこまでの国に分類するかは人によって意見が異なります。
一般的には
米ドル
ユーロ

イギリスポンド
スイスフラン
などは通貨として信頼があり、ハードカレンシーとなります。

FX初心者の方はまずこの取引の多いハードカレンシーから始められるのがいいと思います。




ローカルカレンシーとは??

ハードカレンシー以外の通貨のことをローカルカレンシーといいます。
中国元
アルゼンチンペソ
韓国ウォン
トルコリラ
数えればきりがありません。
通貨は世界に100種類以上ありますからね。

どうでしたでしょうか。
為替が安定しているという意味でもハードカレンシーのほうがはじめは無難と思います。
トルコリラなんかは今まで2回破産している国で、当時リラに投資していた人でかなり痛い目を見た人を知っています。

初心者の方はハードカレンシー。
特に米ドルやユーロ。
個人的に今はイギリスポンドが激熱だと思っていますが、
このあたりをお勧めします。