不眠症 夜に眠れない理由【原因】はスマホやテレビ・パソコンのせいかも

あなたは布団に入ってすぐに眠れたり、朝の目覚めが快適にできるようになりたいですか?

私たちの生活の一部といっても過言ではないスマートフォンやテレビ・パソコン、夜電気を消してもこの3つを見ながらという人もいらっしゃると思います。
ある人はラインやフェイスブックやツイッター、アニメ、webサーフィン、ある人は録画していた番組を見ている人もいますよね。

あなたはどうですか?

もしどれかを行っているという方で、寝つきが悪かったり、朝起きるのがつらいと思っている人はこの記事はとても有益な情報になると思います。

不眠の原因はスマホとテレビ・パソコンかも??

スマホやテレビ・パソコン全てブルーライトを発生させています。
実はブルーライトは快適な睡眠には大敵なのです。

ブルーライトが睡眠の大敵な理由を言う前に私たちの睡眠のメカニズムについて簡単に説明したいと思います。

睡眠のメカニズム

私たちが眠りを感じている時に体の中で分泌されている物質はメラトニンというものです。
逆に朝起きてから一日の活動の頑張る気力を生み出してくれているものはセラトニンです。

セラトニンは日光を浴びることで体が朝だよ、活動するよと脳が分泌する物質で私たちは日中活動しています。夜はメラトニンが活動して眠りに入るわけです。
これが人が睡眠に入るためのメカニズムです。
では、なぜブルーライトが睡眠の大敵なのかですが、その理由は
ブルーライトは脳を勘違いさせて”今は朝だよ”と眠りに入るためのメラトニンを減らしてしまうのです。
つまり、日光とまではいかなくても近い効果を体に与えてしまいます。

専門の書籍などでは睡眠の3時間前までにはスマホやテレビを見ないほうが良いと書いてあります。
ということは家に帰ってからパソコンやスマホ・パソコンを見ることをやめるのが理想的なのですが、あまり現実性がありません。
なので、少なくとも寝る前一時間前後、又は入浴後からはテレビを見ないという風にすれば、寝ながらブルーライトを受ける生活よりもずっと軽減されると思います。

どうしても家でスマホ・テレビ・パソコンを使い人へ

家に帰っても生活の一部となっているこれらのデバイス。
触らないなんてありえないという方ばかりだと思います。
そんなあなたに朗報なのがJINS眼鏡です。
視力のいい方でも度なしでブルーライトをカットしてくれる眼鏡を作ってくれます。
ブルーライトも60%もカットしてくれるのでかなりおすすめですよ。

気になる方はこちらからご確認ください!
JINS眼鏡