住宅選び 騒音問題 快適に過ごすための絶対条件

初めてのアパート・マンションでの引越し、隣人のトラブルや騒音問題で悩みたくはないですよね?

どれだけ安くても初期費用は20〜30万
引越し費用も安くても5〜15万ほどかかってしまい、新居での生活はたくさんの費用がかかります。

筆者も一度騒音問題で苦労したものですので、その経験を踏まえて書かせていただきます。

木造住宅はほとんどの物件が防音対策なんかあってないようなもの

まだ家族と住んでいた学生の頃大東建託の木造の綺麗なアパートに引っ越したことがあります。
SANY0262
まさにこんな具合の綺麗なアパートです。
設備も充実で駅からも10分くらいで家族は大満足で引っ越しました。

実際には住んで数日間でわかったのは、横や下の階の生活音がかなり聞こえてきます。
学生だった頃の私は無知でしたので木造の怖さに気づいてなかったんですね。

アパート・マンションに住むということはある程度周りの人の生活音は聞こえてくるもので仕方のないものだと母親に言われ、私も納得していました。
特に周りの音が出ていても気にしないタイプだったのでストレスなく生活できていました。

問題が起こったのは下の階に新しい入居人が来てからですね。
引越しされてきて、数週間でクレームの嵐になりました。

大東建託管理の住宅だったので大東建託から一週間に2回程度の頻度で生活音がうるさいというクレームがきました。
こちらも廊下にもカーペットを引いたり、底の厚いスリッパを用意してできるだけ迷惑がかからないように対策もしてその旨を伝えたのですが、
クレームは鳴り止まず、父と母が直接下の階の住人に話もしに行きました。

私は会いたくなかったので家にいましたが、常識人だった父と母はおそらく謝ってできる限りのことをしていることを伝え、ある程度の音は我慢していただけないかという話をしに行ったんだと思います。

答えは”NO”だったようで家族は近くの鉄筋コンクリートの防音対策のかなりしっかりとした家に引っ越しました。

近くに引っ越しましたので、その物件を通ることもたまーにあり、数ヶ月後に以前住んでいたアパートの横を通るとクレームを言っていた人の家にはシャッターがかかっていてすでに引っ越していました。
私たち家族が使っていた駐車場にはベンツが止まっていたのでおそらく新しい入居人が入っていました。

多分クレームを言っていた人もわかったんでしょう
木造住宅はうるさいものなんだ”
ついでに
前にクレームを言ってしまった人たちには申し訳ないことをしたな
って思ってくれていたら気づいてくれてありがとうです。

アパート・マンションの騒音問題に遭遇したら

クレームをつけられた側
まず、母親と父親の喧嘩が多くなりました。
私もイライラすることが多かったように思いますし
せっかくのプライベートなのに気が休まることがなかったように思います。

一人暮らしでも一緒ですよね。なんやあいつどこがうるさいねん。
多分一人暮らしの方が話を聞いてくれる人がいなくてイライラしそうな気がしますね。

クレームを言う側
周りの小さな生活音にもストレスを感じるようになるんではないでしょうか。
状況を改善するよりも文句を言うことが本題になっていたと思います。

結果
どっちにとっても良くないです。
中学生だった私はまず人がすごく嫌いになりました。
なんでこんなに頭がおかしい人がいるんだろう。世の中そんな人ばっかりなんだろうか。
と人間不信にも陥りました。
教育上にとてもよくないことです。

私たち家族はその後、家賃が4万ほど上がるしっかりとしたマンションに住み始めましたが、私が大学に進学して一人暮らしを始めるまで何一つ問題なく過ごせるようになりました。
多少家賃が高くなっても、環境がいい方が絶対にいいです。騒音問題や隣人問題で40〜50万円の不動産契約と引越しを二回するリスクを考えれば初めから納得のいくクオリティーの住居を探した方がいいと思います。

しっかりとしたところに住んでいる人はやっぱりしっかりしているというか。穏やかで優しく、常識のある人がほとんどでしたし。

大学は東京の大学に進学しましたが、木造の騒音事件の経験からRC(鉄筋コンクリート造)である程度家賃の高いところを両親が住まわせてくれて、東京でも一回も引っ越しをせずに4年間で卒業することがきました。

まとめ

いかがでしたしょうか。
今回の記事は、木造住宅を全否定しているわけではありません。
木造住宅に住むのならば周りの生活音にも柔軟な対応が求められるということです。

そういった問題が煩わしいと少しでも思う方は
不動産を探すときに
鉄骨(重量鉄骨、軽量鉄骨)
RC(鉄筋コンクリート造)
SRC(鉄骨鉄筋コンリート造)
これらの建築様式であることを確認して、部屋に内件の時にしっかりとご自身でご確認ください。
不動産屋をあまり信用しない方がいいですよ。契約を早く取りたくて大丈夫だと思いますよーと適当に返答されることが多いと思います。

何よりもプライベートな空間で自由でゆったりとリラックスする時間というのは、私たちが日頃の疲れを取るための生命線です。
お部屋選びはそれだけ大事なことですのでこの記事をここまで読んだくださった方は是非参考にされてください。